ぴこピコ☆らぶタッチ「ハードモード」

最終更新日

2人で遊べる相性診断ゲーム『ぴこピコ☆らぶタッチ』に少し難しい「ハードモード」が追加されました。何度か遊びに来てくださっているベテランプレイヤーへの挑戦状です。

(この機能はMaker Faire Kyoto 2019にて展示予定です。)

ぴこピコ☆らぶタッチの課題

ぴこピコ☆らぶタッチ』は青く光る4つのパネルを2人で同時にたくさんタッチするゲームです。30秒間にタッチできた数とタイミングによって、表示・出力される相性診断結果が変化します。

2016年冬の初代バージョンから現在に至るまで、演出や見た目は大きく変わってきていますが基本的なゲームルールは全く変わっていません。

2018冬バージョンでのテストプレイ。
このバージョンはOMMF2018で展示されました。

そのため何度か遊びに来てくださっている方(ベテランプレイヤー)はゲームに慣れてしまって、満点(Excellent)の出やすい状態になってしまっていることは課題のひとつだと考えていました。

パネルが変化するハードモード

今回新しく追加された「ハードモード」は、そうしたベテランプレイヤーの方に少し骨のあるプレイを楽しんでいただくための新機能です。

開発中の2019夏バージョン。
動画のなかで2回テストプレイをしており、後半がハードモードです。
(開発中バージョンのため、この仕様は今後変わる場合があります。)

「ハードモード」でも基本ルールは同じですが、青く光るパネルが毎秒違う場所へ移動するようになり難易度が高くなりました。
ゆっくり確実にタッチしようにも、パネルに逃げられてしまってなかなか得点できません。

満点(Excellent)を目指すには、二人で息を合わせてスピーディにタッチしてゆくプレイが必要です。

パネルが移動してしまうまでの時間がわかりやすいように
タッチパネルのLEDもアニメーションするようになりました。

どこで遊べる?

この作品はMaker Faire Kyoto 2019にて展示します。ゲームプレイは無料です。

この記事ではベテランプレイヤー向けの新機能「ハードモード」についてご紹介しましたが、前回出展したOMMF2018の時から各所の演出もアップデートされており、 初めての方もよりお楽しみいただけるようになっています。

展示会当日はぜひ弊社ブースへお気軽にお立ち寄りください。
スタッフへ「ハードモードで。」とお伝えいただければ、ハードモードをご案内しましょう。

株式会社ソフトウェアコントロール | 出展者情報

sc-yasuda

弊社に2人しか存在しない企画室メンバーのうちの1人。

シェアする