新しいらぶタッチ

最終更新日

Ogaki Mini Maker Faire 2020の出展のために新しい「ぴこピコ☆らぶタッチ」を準備しています。

これまでは、大きなパネルだった物を少し小さくして数を増やしました。

ぴこピコ☆らぶタッチ」は部品の設計から作成まで独自に行なっています。

これはパネルの天板になるアクリルを加工したものです。

左の板はアクリルを8cm×8cmにカットしたものです。角ばっているため手に当たると危ないのでミニルータでエッジ加工したものが右の板になります。

パネルの作成はこれまで手加工でするものもありましたが、パネルの数が多いため今回は電気の力を借りました。

このアクリルの板がどれくらいあるかは、Ogaki Mini Maker Faire 2020に来て是非その目で確かめてみて下さい。

(広報担当より)補足

Ogaki Mini Maker Faire 2020 の弊社ブースでは新型コロナウイルス感染症の拡がりによる影響で「ぴこピコ☆らぶタッチ」の現物展示を取りやめることになりました。この記事はその取りやめを決める前に書かれたものです。

新しい「ぴこピコ☆らぶタッチ」については次の記事もご参照ください。

sc-kadowaki

らぶタッチのチームメンバーです。 筐体作りに命をもやしています。

シェアする